MASANKYO         MASANKYO運動で環境保護 <地球温暖化防止

がんばろう!東北

 

   H O M E 
   MASANKYO  

   ク゛ラソンラインナッフ゜

   新製品AHF-4480

   3Rのすすめ

 

 がんばろう!岩手県

かんたんエコ計算

 

3Rの推奨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         

 

                                                                                                                       

 

 未来の子供たちへ                      

2012/2/10/(金)           

                               

 
 

 

循環型社会への課題     

 

★ゴミの発生抑制・再使用の推進   

 「大量生産・大量消費・大量廃棄」型の社会活動は、わたしたちに多大な恩恵をもたらす

一方で、ゴミの焼却などによる温室効果ガスの発生が環境に大きな負荷を与えています。

ゴミの発生抑制・再使用を推進するために、ライフスタイルや事業活動を見直す必要があります

  

★ゴミの分別排出を徹底 

 

現在、排出されるゴミの中には、古紙が家庭系で約16%事業系で約32%含まれています。

不燃ごみの中にはペットボトルなどの資源ゴミが家庭系で約12%事業系で約17%含まれています。 資源ゴミの分別排出の徹底により、リサイクル率の向上を図ることが必要です。

資源集団回収の推進 資源集団回収の回収量は、住民の協力で、12年度以降増加している。

資源集団回収活動をさらに推進するためには、現在の活動主体である子ども会だけではなく、町内会などを中心とした地域が一体となった取り組みを広げていく必要がある。

 

★資源の有効利用 

 

プラスチック製容器など、ゴミの分別品目を拡大し、再資源化する取り組みが必要。   

 

★今後の取り組み 

 

3Rの取り組み 

 

資源は無限にあるわけではない。天然資源の消費を抑え、再利用できる資源を循環させる

社会を実現することが大切である。そのためには可能な限り、

ゴミを出さないようにするリデュース

不要になった物を再使用するリユース

再使用できないものを資源として再生し活用するリサイクルという3Rの考え方を理解して暮らしの中で取り組もう。  

 

官庁・事業者・市民のそれぞれの役割 

 

3Rを推進し、「ごみが出ない・ゴミを出さない」循環型社会を築き上げていくためには市民、事業者、官庁がそれぞれの役割を果たしていかなければならない。 市民「普段の生活の中で

家庭のゴミ発生量を少なくするように心がけ、ゴミ分別ルールをきちんと守る

事業者「製造・加工・販売者・」として容器や包装の簡素化取り組む官庁「市民と事業者の

パイプ役として、ゴミの減量、リサイクル活動に対する支援・啓発を行います。

 また、「ゴミ処理を行う者」として、ゴミ処理施設の整備やゴミの分別品目の拡大の推進。 

 

★循環型社会への課題 

 

★ゴミの発生抑制・再使用の推進

   

 「大量生産・大量消費・大量廃棄」型の社会活動は、わたしたちに多大な恩恵をもたらす

一方で、ゴミの焼却などによる温室効果ガスの発生が環境に大きな負荷を与えています。

  ゴミの発生抑制・再使用を推進するために、ライフスタイルや事業活動を見直す必要がありす。    

 

★ゴミの分別排出を徹底 

 

現在、排出されるゴミの中には、古紙が家庭系で約16%、事業系で約32%含まれています。

不燃ごみの中にはペットボトルなどの資源ゴミが家庭系で約12%、事業系で約17%含まれています。 資源ゴミの分別排出の徹底により、リサイクル率の向上を図ることが必要です。  

資源集団回収の推進資源集団回収の回収量は、住民の協力で、12年度以降増加している。資源集団回収活動をさらに推進するためには、現在の活動主体である子ども会だけではなく、町内会などを中心とした地域が一体となった取り組みを広げていく必要がある。 

 

☆資源の有効利用    

プラスチック製容器など、ゴミの分別品目を拡大意し、再資源化する取り組みが必要。 

 ☆今後の取り組み   

 

3Rの取り組み 

   

資源は無限にあるわけではない。天然資源の消費を抑え、再利用できる資源を循環させる

社会を実現することが大切である。 そのためには可能な限り、ゴミを出さないようにする「リデュース」

不要になった物をを再使用する「リユース」

再使用できないものを資源として再生し活用する「リサイクル」という3Rの考え方を理解して暮らしの中で取り組もう。  

 

官庁事業者市民のそれぞれの役割 

 

を推進し、「ごみが出ない・ゴミを出さない」循環型社会を築き上げていくためには市民、事業者、官庁がそれぞれの役割を果たしていかなければならない。  

市民「普段の生活の中で、家庭のゴミ発生量を少なくするように心がけ、ゴミ分別ルールをきちんと守る。

事業者「製造・加工・販売者・」として容器や包装の簡素化取り組む

官庁「市民と事業者のパイプ役として、ゴミの減量、リサイクル活動に対する支援・啓発を行います。 

また、「ゴミ処理を行う者」として、「ゴミ処理施設の整備やゴミの分別品目の拡大の推進」 

                                                             

      
                                                             chiikeysチィキース゛masankyo                                                      
   
   
  同じ文章が2度書いているとわかった方はご理解して頂いたと思います。
                                                                                                          
  自分の行動を振り返って、今から3Rを実行しましょう。孫子の為に!

 

1R  Reduce リデュース)  ゴミを出さない。 

 

2R  Reuse  リユース)   再使用

 

3R  Refuse   リサイクル)  再生し活用

追加

4R  Refuse  リフューズ)   ゴミになる物を拒否する

 追加

5R   Repair  (リペア)       壊れても修理して使う

 

出来ることはたくさんあります。

 

 (財)環境情報普及センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコデジシャクでCO2の

減量が簡単計算ができます

どうぞお試し 下さい。

 

 

かんたんエコ計算 

 

 

 


 

  マイナス30度急速冷凍庫グラソンラインナップへ